スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうなったら総力戦だ!

 橋脚と大鉄橋を増強したところでレイアウト製作に着手しました。

 そろそろ凝ったレイアウトを作っても高層化は実現するはず。私の野望にまた一歩近づいたのは間違いない。
というわけで、大鉄橋実験から吸収したノウハウをフィードバックするため作り始めました。

さしあたり順次積み上げいったところでが以下のとおり

IMG_0783_R.jpg

頂上部分で折り返しする運転方式です。

しかし、ここまできたところカーブレール不足が発覚! まさか先にレールが尽きるとは・・・。

ココで慌てふためくのは素人の浅はかさ。まだ私には新幹線高架用のカーブレールが残されています。

横からみるとこんな感じ
IMG_0787_R.jpg


もう数段積んだところで試運転。 折り返し部分も仮設してNEXを走行さることに。
下から順調に登坂していくとどうしてもひっかかりが発生する部分を発見。

IMG_0788_R.jpg

むぅ・・・少し凝ったことをしたため、レイアウト的に無理があるのか?
内側に四分の一振って、その上部はから四分の五カーブで内側に戻すことで周回させているのですが、ここに無理があるようです。

真上から見ると一目瞭然
IMG_0790_R.jpg


ここまで来て重大な欠陥があるとは・・・。 橋脚の位置をずらしたりしても解決せず。これはレイアウト製作上の禁じ手だったのでしょうかorz...

誰かのお知恵を拝借いたしたく。 ご意見まってまーす。
スポンサーサイト
プロフィール

ジャックバウニャー

Author:ジャックバウニャー
君をこんな事に巻き込んで本当にすまないと思ってる!(w

不惑の四十歳を迎えながらも迷走を続ける中年男
息子のプラレールを見てなにやら熱いものを感じてしまい、プラレーラーとして新たな道を歩み始めました。

乗降客数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。